« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

大山旅行

ご無沙汰していますcoldsweats01 あいかわらずバタバタ忙しく過ごしておりますcoldsweats01

GWの後半に、家族で鳥取県の大山まで行ってきました。高速はもちろん渋滞覚悟coldsweats01途中、何箇所か渋滞しましたが、初日はまず、蒜山高原へGO!!200905041529000 horseににんじんをあげたり蒜山ジャージー牛(ジャージー牛めちゃめちゃかわいいhappy02)のソフトクリームを食べたりして、蒜山高原の景色も満喫しましたhappy01  ここは日本か??と思うような景色だったで200905041545001 す。

蒜山と大山はパパと10年以上前に来たところ。。自然がいっぱいでとても良いところなのでいつか家族で来たいと思っていました。今回たー。は足がまだ完全に治ってなくて残念だけどみんなで来れたこと、本当によかったと思います。

ソフトクリームを食べたら大山に向かって出発dash夕方には到着しました。ぶなの森の中にhotelがあり、とても良い空気。森林浴森林浴upなんだか、肺の中まできれいになりそうなかんじhappy01

二日目は朝から境港までrvcarでGO!!境港は『ゲゲゲの鬼太郎』の作者、水木しげるさんの出身地で、『水木しげるロード』なるものがあり、昔からの商店街はお祭りのように賑わっていました。記念館もあるし、道々、鬼太郎やねずみ男、いろんな妖怪の像があり、みなさん写真を撮ってはりましたhappy01 たー。の足も疲れてきたのでお昼にしようと港近くのお寿司やさんまでrvcar早めのお昼にしようと思っていたのに、出遅れてしまいすっかりお昼down連休ってこともあり、当然何組も待っててすごい待ち時間down子どもたちはお腹すきすぎて、だんだん機嫌悪くなってきてgawk1時間ほど待ったころ、やっとお寿司にありつけましたheart02子どもたちもお寿司だいすきなので食べる食べるhappy01 海の近くのお魚はやっぱり新鮮でおいしいsweat01待ったかいがありましたshine 思えばこの大好きなお寿司もながーーーーーいあいだ食べられない時があって、今、何も心配しないで食べられるこの幸せーーーめっちゃうれしいですheart02

満腹になって大山にもどり、ふれあい牧場へ。ここではariescapricornuspigにえさをあげたりできるのでこどもたちは大はしゃぎcoldsweats01だけど、小さい動物は力が弱くてなかなかもらえないと知り、必死で子どものやぎやぶたさんにあげていましたhappy01 やぎさんの乳しぼりをさせてもらって、   それからなー。が一番楽しみにしていたdogとふれあえる場所へhappy01

いろんな犬種がいて、どの子もトレーニングされているのでとてもおとなしいのです。。。だけど、ワンちゃんたちにとってはさわらせてあげるのがお仕事で、人間がいるときは静かに寝ている子が多かったですcoldsweats01

休憩タイムになると人間は出なくてはいけないので、その時は走り回ったり、吠えたりしていますcoldsweats01いやあ、ワンちゃんもお仕事御苦労さまですconfident  んで私も大好きな黒ラブちゃんがいたのでなでなでしてきましたheart02移植後はずっと動物に触るのがこわかったのだけど。。。もちろんあとはしっかり手をあらいましたけどねcoldsweats01

ここではヤギのソフトクリームをいただきましたcapricornus

そのあとはたー。が楽しみにしていたパットパットゴルフをして一日満喫しましたhappy01

最終日は翌日のことも考えて早めの帰宅を目標に、大山の牧場に行き、またまたソフトクリームを食べたりおみやげを買ったりしてから帰路につきました。3日間ソフトクリームを食べたのだけど、うちの家族は最終日の大山のソフトクリームが一番気に入ったようです。たしかにミルクの味がたっぷりしててとてもおいしかったです。

移植後、何回か家族でお泊りも行ったのだけど、今回のように私がいっぱい行動する旅行は初めてでした。あーーーつかれたsweat01と言いながらも楽しく家族で過ごせたことに本当に感謝ですheart02

200905041523000_2 順番に。。。蒜山高原200905041555000 と蒜山ジャージー牛のソフトクリーム

200905050820000 ホテルのまわりのブナの森

200905051218000_2 200905051331000 境港の鬼太郎と食べたおすしのお皿   coldsweats01

  200905061020001 大山

なー。の携帯写真ですhappy01

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »